読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今からでもできるかな?言葉に重みを持たすには

 

こんばんは。

最近寝る場所が窮屈で、足を伸ばして寝たいなと思う今日この頃です。

 

 

今回は言葉に重みをつけるにはです!

 

同じことを言ってても、

クッパのように言葉が重い人から

ペーパーマリオのように言葉が薄っぺらいと感じる人もいます。

 

これって何が違うのか?

 

声の声質?

ボディーランゲージ?

見た目?

 

f:id:appsuica17:20161005232829j:image

 

無為自然で有名な老子ですが、

 

実際見たことはないですが、

声が太いように見えないし

手をむっちゃ動かして伝えてるようにも見えないし

見た目も弱々しい感じ

 

では、何が重要かと言うと

 

経験です!!

 

やっぱそうか。

と思った方も多いと思います。

まあ、そういうことですね。

 

100メートル走はスタートが肝心!!

ということを

僕が言うのと、ボルトがいうのでは重みが違いますよね。

まあ、極論いったらね

 

でも、なにか経験したことを言ったらそれは重みがあるのか?というとそうではないですよね。

 

 

あと1つ大事な要素が、

最初の経験苦労した経験➡︎導き出された経験

です。

 

いっちゃんいい例が

就活の面接の時みんな言ってることです。

 

最初はこんな風に思ってました。

そしたら、ある時こんな出来事にぶち当たり苦労しました。

そういったことを通じて、やっぱり何々が大切なんだなと改めて思いました。

 

みたいな!

これは結構重みを持たすための方法として、結構理にかなっていると思う。

 

まあ、最後に大事なのは、

心からそう思えるか。

どんなにいいこと言ってても、それが心から思えないものだったら相手には伝わらないよね。

 

 

ということで、今回は

言葉に重みを持たすためには

ということで、経験が大事だということですね。

 

これを意識していけば、

今からでもできるかな?(笑)

まあ、焦らず、1つ1つを噛み締めていきましょう。

f:id:appsuica17:20161005234829j:image