読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グローバル化の世の中だからこそ、日本人のアイデンティティが大事??

もう、こんばんはですね。

 

今日3つ目になります。いやはや、なんかネットや本とか見ていると考えるキッカケになるものが多く本当に面白いです。

 

今回のテーマは、

 

グローバル化

 

です。むちゃむちゃ漠然としたテーマ(笑)

でも、これから就活とか考える人は間違いなく関わってくる話題ですよね。

僕も、今考えてみました。

 

今、どんどん世の中はグローバル化しています。

世界で行われていることはリアルタイムで手に入れることができ、海外から多様な宗教、人種の人が交わり、僕らも自由に海外に行けるような。

 

そんな隔たりがない、いい意味でも、悪い意味でもそんな世の中の真っただ中にいます。

 

そこで考えたいのは、

 

日本人、日本国のアイデンティティって何なのか?

ということです。

 

僕を含め多くの日本人は、海外の価値観と日本独自の価値観の区別がつきません。

本当にそれでいいのか?

 

人間一人ひとり個性があるように、国一つ一つに個性、性格があると思っています。

 

なぜかというと、人の根本はなわばりを作る生き物だからです。そして、それを広げていく生き物だからです。

なので、その種族ごとに古来の価値観、アイデンティティがあるはずなんです。

もちろん時代と環境とともに変化していきます。

 

しかし、今僕らはあまりにも西欧のものにとって代わってしまったのではないかということをふと思いました。グローバル化だから、進んでいる国に合わす。

 

そして、それを国単位で考えたらわかりにくいんですが、それを個人間で考えた時、それはありのままの姿というか、その個人が望んだ姿なのかということです。

人の価値観を押し付けられ。

 

その原因はなにか?

 

自分たちが何者なのかということをわかってないから

 

だと思います。

 

本来は、自分たちの持っている土台の上に、そういった西欧の文化などを乗せていって、オリジナリティを出していくものだと思います。

 

日本人って何者なのか?

 

僕もまだわかりません。

でも、そのヒントが、ローカルや武士、道などにあるのではないかと思います。

これから経験しながら、見つけていこうと思います。

 

何かわかる方いたら、コメントください!!!!( ;∀;)