読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本物の自信とは。。。

ちょくちょく更新して行きます。
今日は夜行バスの待ち時間で暇なので、今日話してて感じたことを一筆。


もう就活も解禁して、はや9日くらいですかね?
今日は特に就活と関係あるのかないのかわからないことについて書いて行きます。

なんか抽象概念ばっかりですみません。

こういうのしか書けないのです。(笑)

 


自信とは、、、


うーん。これは誰しも思うことですよね。

どやったら自信がつくのか?

 

ブランド品を身につけた時?
人に褒められた時?
結果が出た時?

 

 

まあ、いろんな自信のつけ方ってあるよね!
でも他人につけられたものって、結局は時間とともに剥がれて行くよね。

例えば、ブランド品を身につけるとか。
人に認められるとか。
人より優っているからとか。

こんなのって一時の優越感でしかないと思う。
まあ、常にそれを継続し続けるというのは立派なものだとは思うけど。


そこで、どうやったら、剥がれない、本物の自信がつくのか。
それは、、、

 


読んで字の如く。
自分を信じること。


なんだ、そんだけかよって思った人。
そんなに簡単じゃないと思う。

自分を信じれるようになるにはどうしたらいいのか?
わかりますか?


じゃあ質問を変えます。
他人を信じれる時ってどういう時ですか?


さらに質問を変えます。
他人を信じれない時ってどういう時ですか?


なんか昔の数学でやった、必要十分条件かどうか見極めるやつみたいですね。(笑)


僕の中では答えは一つで、
言行不一致な人だと思います。


まあ、些細なことはいいのですが、
思いを持ってこうと決めたこと、やると決めたことに対して、真摯に向き合わずにそれを達成できなかった時です。


これは自分でも一緒だと思います。
つまりは、自分に嘘をつかず、真摯に言ったことを、やっていったことの積み重ねが自信になるのだと思います。

 

そういったやりたいことを、諦めずに、自分の言ったことをやり続けた、成功体験の積み重ねが本物の自信になって行くのだと思います。


これは残念ながら一朝一夕には身につかないものだと思います。
しかし、諦めてはいけないのは、過去にそういった成功体験が小さくてもいいからあるのではないかということです。
少しでもいいからかき集めて見てください。

それが、ちっぽけかもしれないけど、本物の自信のかけらだと思います。

 

これから、少しずつ積み重ねていけば、自分の意志で決断できるくらいの自信になると思います。


まあ、なんか、最後らへんよくわからないかもしれないので、詳しく知りたいって人はまた聞いてください!
偉そうなこと言っていますが、ぼくも日々その積み重ねです。

それでは、また!!
就活生頑張ろう!!!